Men’s

・外羽根 / Blucher (ハンドソーンウェルト製法のみ) ¥55,000-


※革半張り(3,000円)・トゥスチール(3,000円)・革紐(1,000円)は基本料金に加え別途料金が掛かります。(価格は税抜きです)

・チロリアンシューズ / Tyrolean shoes ¥70,000- 〜ノルウィージャンウェルト製法〜

※チェーンステッチ(5,000円)・革ひも(1,000)は基本料金に加え別途料金が掛かります。(価格は税抜きです)

 

・ルームシューズ / Room shoes  ¥13,000-

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マッケイ製法について

マッケイ製法はソール(靴底)の薄さによって反り返りが良く、履き始めから、足なじみの良さが特徴です。コバ (=靴を真上から見た時に、靴の上部からはみ出しているソールの部分)を必要としなくてよいことからも、見た目がスッキリとしています。

 

靴底を張り替えるなど、修理の回数に限度がある為、あらかじめ前底に2㎜ほどの厚みのゴムを貼ることで、靴が長持ちします。

 

ハンドソーンウェルト製法について

ハンドソーンウェルト製法とは「複式縫い」といわれる製法のうちの一つです。

「グッドイヤーウェルト製法」と「ハンドソーンウェルト製法」この2つに大きく分けられ、どちらもアッパーと中底をウェルトという細革を介して縫合”すくい縫い”をします。このすくい縫いを機械で行うのをグッドイヤーウェルト製法といい、手縫いで行うのをハンドソーンウェルト製法といいます。

当工房ではハンドソーンウェルト製法を採用しています。この製法では、約5mmほど厚みがある革中底を使用し、靴を履いていくうちに、徐々に履き主の足型に馴染みます。足裏の形が中底にコピーされ、履き主だけにフィットした靴へと変化していきます。

 

マッケイ製法に対し、コバが出ている為、アッパーが傷付くことを防いだり、オールソールなど修理を繰り返せることからも永くお使いいただける本格的な作り方です。

 

ノルウィージャンウェルト製法について

複式縫いの類になります。
こちらは中底の加工からハンドソーンウェルト製法とは異なります。見た目で見分けがつくのですが、ウェルトを中底を介して掬い縫いするのですが縫い終えたウェルトを外側へ折り返します。元はた登山靴に採用される製法ということもあり防水性の高い構造となります。ただ、靴になった際、反り返りが非常に硬いです。
見た目が武骨になり、他の製法とは一味違った印象で楽しめますが馴染むまでに時間がかかります。

お気軽にお問い合わせください。03-6877-1106受付時間 11:00-19:00 [第2・第4土曜日、毎週日曜日を除く]